准看護師から看護師になるには

准看護師から看護師になるには - 准看護師として就職したい方のための情報サイト

准看護師から看護師になるには

医療の現場で毎日活躍しているのが「准看護師」さんたちですね。
彼らは正看護師さんと比べても比較にならないほどの作業をこなし、まさに病院の「核」として機能しています。
このように順調に准看護師としてスキルアップしていく中で「正看護師」の免許にも挑戦してみたいと思うのはごく自然なことであるといえます。
もしかして皆さんもこのようなステップにおられるでしょうか。

今日は少しこの方法に関して一緒に調べてみることにしましょう。
まず基本的な流れに関して説明すると准看護師から正看護師になるのは2年か3年の「看護学校」に通い直す必要があります。
そしてその後に受験資格を得て国家試験にチャレンジすることになるのです。
この2年か3年というのは、昼間の学校であれば2年ですし、夜間の学校だと3年に時間がかかるということを意味しています。

しかしここに「特例」というものもいくつか存在するようです。
例えば10年以上の准看護師としての「キャリア」を持っている人は学校に入学しなくても「通信教育」によって受験資格を得ることができるのです。
このような改正は最近特に活発になっており、正看護師さんへのキャリアアップを大いに後押しするものであるということができるでしょう。

しかし通信教育を利用したり、夜の学校に行くとしても今の仕事との「両立」というのができるでしょうか。
皆さんが「准看護師」の勉強をしていたころのことを思い出してみてください。
それは決して簡単なことではなかったはずです。
この両立が可能かどうかは皆さんがいま勤務している病院の「サポート体制」によっても異なります。
つまりシフトを調整してくれたり、有休などを都合して試験勉強に充てる時間を増やすなどのことをしてくれるでしょうか。

ですからこのような正看護師の勉強を始める前にしっかりと自分の上長と話し合ってみるのはいかがでしょうか。
きっと病院としても自分たちの所属の看護師さんがキャリアアップするというのは喜ばしいことですから、何かしらの協力をしてくれることでしょう。
ぜひ皆さんの努力が実を結びますように。