准看護師の平均労働時間

准看護師の平均労働時間 - 准看護師として就職したい方のための情報サイト

准看護師の平均労働時間

准看護師を目指し始めている人の中には「医療」の世界への憧れからあまりまだ現実的なことを考えていない人も多いようです。
しかし実際の勤務や職場環境に関して事前に検討しておくのはとても良いことです。
このようなステップが抜けていると、資格を取得していざ病院で働き始めても結局現実になじめず離職してしまうことになるからです。
今日は少しこの准看護師さんの「労働時間」ということに関して考えてみましょう。

皆さんは看護師の労働というとどんなことをイメージしますか。
きっとドラマやテレビなどの影響で、かなり「不規則なもの」というイメージを持っている方は少なくありません。
これはしかし、皆さんが就職する病院によって大きく異なるのです。
例えば入院患者さんも受け入れているような場所ではやはり24時間を3パターンで区切った変則的な「シフト勤務」になることがあります。
しかし外来だけであれば夜勤もなく、比較的一般会社員などとほぼ同じような勤務体系となるのです。
さらに今は現場での人材が圧倒的に少ないこともあり、「夜勤ができない」とか、「固定勤務がいい」という要望も柔軟に処理してくれる機関が沢山ありますね。

実際にシフト制であっても意外と想像以上には「きつくない」と感じられる准看護師さんの方が多いようです。
私たちの体はやはり段々と慣れていきますし、有休やシフト交換などいくらでも体力をセーブする方法はあるからです。
また夜勤に非常に大きな苦手意識を持っている人も沢山おられますが、仕事量としては圧倒的に昼間よりも少ないため夜勤をメインでシフトを組んでくれるように依頼する方もいらっしゃるのです。

さらに最近では病院側も近くに家やマンションを借り上げたり、24時間の託児所をつくるなど色んな工夫をして皆さんの勤務のバックアップをしています。
ですからぜひ自分の状況や体力面も考慮しながらこの世界に飛び込んでみるのはいかがでしょうか。

病院ではなく、デイケアや色んな介護施設などに就職先を広げるともちろん労働時間に関してもより広いバリエーションの中から自分の仕事を見つけることができます。