准看護師の資格

准看護師の資格 - 准看護師として就職したい方のための情報サイト

准看護師の資格

医療の求人の中でも常にその数が多いのがやはり「准看護師」というものでしょう。
もちろん皆さんはこれが「資格」を取得しないとなれない仕事であることはご存知ですよね。
それで今日は少しこの資格の概要に関して一緒に復習してみることにしましょう。

まず准看護師というのは看護師とは違って「都道府県知事」の免許になります。
看護師さんは「国家資格」になりますからこれが二つの資格の最大の違いであるということができます。
最初に基本的なこととして准看護師になるには「中学卒業以上」の学歴が必要になります。
それ以上の教育を受けていない方は一般的に5年生の「高等学校衛生看護科」のような学校に通うことになります。
在学中に准看護師試験の受験資格というのは自動的に与えられることになりますね。
もし最終学歴が「高校」だった場合はどうでしょうか。
この場合は准看護師養成学校などに2年通うと受験資格が与えられます。
ここで注意が必要なのはどちらの場合も、学校への入学でもらえるのは「受験資格」であって後は自力で試験に合格しなければ准看護師さんにはなれないということです。
この点で色々誤解している方も多いようですからぜひ注意してくださいね。

このような学歴の条件さえクリアすれば、「年齢制限」というものはこの准看護師試験にはありません。
ですから今は他の仕事をしていて、すでにあまり「若くない」と思っていても十分にこの医療の世界で働けるチャンスはあるということです。
さらに就職条件でもこの年齢を条件にしている病院はほとんどなくなってきました。
現場が必要とするのはやる気のあるスタッフであるということなのです。
ぜひ皆さんもこのようなことを理解してぜひ准看護師という試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今はあまりテキストなどのお金をかけなくてもインターネット上で色んな過去の問題などをチェックすることができます。
また実際にこのような試験に合格した先輩たちの意見やアドバイスというのも参考になることでしょう。
様々な手段を駆使して合格を目指しましょう。